スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




【手塚治虫】ばるぼら

ばるぼら。その意味はわからないのだが、不思議な言葉の響きに妙に惹きつけられてしまう。初めて聞いたのに、ずっと前から知っていたような。これが本作の主人公の名。

ばるぼら。彼女は女神ミューズ、比喩ではなく本当の女神ミューズ。そんな彼女が、流行作家の美倉洋介に出会うところから物語は始まる。この美倉洋介という男、異常性欲の持ち主で、デパートのマネキンに恋したり、雌犬を愛してしまったりと、ずいぶんとサイコ。見た目は、あきらかに澁澤龍彦を意識している。

この物語は、美倉洋介の栄枯盛衰、つまり、ばるぼらとの出会いと別れを、様々なエピソードを交えつつ描いていく。ばるぼらを他の芸術家に取られそうになって、嫉妬してみたり。また、結婚しようとして失敗したり。そして、この物語を結末まで読んだところで、読み手は、もしかしたら美倉洋介が描いた幻想に、ひたすらに付き合わされたのではないかと気づかされる。もしくは、手塚治虫自身の妄想ではと。

女性で失敗された経験がある方は一読を。





スポンサーサイト
TAG :
手塚治虫
ばるぼら
search
new
category
archive
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。