スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




iittala cafe イッタラ カフェ in CIBO チーボ クロージングパーティーに。

急遽突然唐突に誘われて、iittala cafe イッタラ カフェ in CIBO チーボに。しかも、本日はクロージングパーティーということ。夏至に合わせてというのが粋。ちなみにこのiittala cafe イッタラ カフェというのは、市民プラザにあるCHLLING STYLE チリングスタイルが中心にやっているイベントで、iittalaの食器を使って飲んだり食べたりしようというもの。そのイベントの今日が最終日なのだ。

リラックスしたムードのなか、ワイン片手に久々のCIBO チーボの料理をいただく。ビュッフェスタイル。パエリアにペンネにグリッシーニに。まずは、イタリアのスパークリングワイン アスティ。そのあとも同じくイタリアの微発泡ワイン ポンペイアーノ・ブランコ。最後はどこのなにやら…赤ワイン。飲みながら、食べながら、お喋りしながら。

途中からアペラッチャコの3人による生演奏がはじまる。聴きながら、食べながら。それがいつの間にか聴くことに集中していくのだ。照明が落とされて、キャンドルの灯りだけになると雰囲気が変わり、空間の密度が濃厚になる。そこにアペラッチャコの3人が奏でる音、ギターにピアノにアコーディオンにピアニカが、空間を泳ぐ。アペラッチャコはストリートライブで、何度か見たり聴いたりしていたが、しっかりと聴くのははじめて。ゆるいリゾートっぽい音よりも、ブルージィーでロックな感じの曲のほうが好き。

パーティーもお開きとなり、濃密だった空気もだんだん緩やかになっていく。アペラッチャコの人と少しお喋り。気になっていたハモンドのピアニカを使っていたので、ちょっとだけ触らせてもらう。鍵盤のタッチが気になっていたのだ。重すぎず、軽すぎず、かなり良い。鍵盤は小さいが、慣れれば大丈夫そう。今回の演奏でも何度も使っていたのだが、アンプは通さずに生音で、かなり音が出ていた。ラテンっぽい曲にハマる哀愁とクールが同居する音色。かっこよかった。

そんなこんなで、平日の楽しいパーティーっていいね。

iittala cafe イッタラ カフェ in CIBO チーボ

チリングスタイル
http://www.chillingstyle.jp/





スポンサーサイト
TAG :
チーボ
チリングスタイル
アペラッチャコ
search
new
category
archive
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。