スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




登山というものについて。

山岳部OBの体育会系でもない自分にとっては、登山というのは縁遠いものだった。そのころ登山に対しては、イメージ的に団塊の世代の趣味的な何か。つまり、それはすでにレジャーでもスポーツでもない、手慰み…というかよく言えばコミュニティを形作る何か。そこには、世代的にすでに入り込む余地(つもりも)もなかったのだけれど。
そんな自分を登山へ誘ったのは、トレイルランニングのかっこいいシューズだったわけ。どんなシューズだったかは覚えちゃいない。山を走ること。手軽そうでいてカラダにHARDで、なにより自然に近づけそうで惚れた。でもいきなり走れるわけもないから、歩いて登ってみた。それが登山だった…というのが、すべての始まりなわけだ。
そしてULという思想を知って、より登山というものに惚れた。細かくカテゴるつもりはないけれど、コミュニティを形作る何かであるだけでは、進歩も進化もしないし文化も生まない。トレイルランニングやULという思想のブームが、凝り固まっていた登山というモノに風穴を開けたはずだ。とはいえ、私の装備が全然ULでないのは秘密だが。



スポンサーサイト
TAG :
登山
ウルトラライト

日経BP L-Cruise UL ウルトラライト特集

http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/cover/080910_outdoor/
こんな記事があるのです。モノ的な魅力が気になるところかもしれないけれど、土屋氏の云うように自然との距離感というか、思想的な根本がよい。が、オウンリスクなのは云うまでも無いこと。自然から離れるほど、自然が恋しくなるが、近づきすぎるほどに、自然が恐ろしくなるわけで。環境とかエコとか、乗せられていることにも気がつかず、プチな節約と浪費を繰り返すよりも、いまそこにある自然に一歩近づいてみるだけで、わかってしまうことがある。…なんて偉そうだね。えっと、少なくともULスタイルはカッコよくて、魅力的。



TAG :
登山
ウルトラライト
search
new
category
archive
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。