スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ソウル家にて韓国料理を頂く。

というわけで、遅めの夕食。歩き疲れたカラダはスタミナを欲し…大阪でスタミナといえば、やっぱり鶴橋で焼肉でしょ?と思ったのだが、どうせなら肉・肉・肉じゃなくて、美味しい韓国料理を食べたい!というわけで、鶴橋を素通りして、今里の駅を出て歩くこと10分。オモニが作るリアル韓国料理店 ソウル家に到着。こじんまりした居酒屋のよう。

でテキトーに注文。まずはビールをグビっとやって、つきだし頂く。このキムチが旨い。カクテキが旨い。なによりも、甘辛く固めに炊いてある大豆が絶品。この豆だけお土産に欲しい…
つきだし キムチ、カクテキetc.
続いて出てきたのは、これ。スジ。牛のアキレス腱まわりを丁寧にボイルしたもの。もうプルプルのトロトロ。臭みもほとんどなく、酸っぱ辛いタレに絡めると、なんとも言われぬ新食感。見た目は一瞬グロテスクに感じたが、味を知れば病みつき。
牛スジ(アキレス腱)のボイル
韓国料理の定番。パジョン(李朝風ネギチヂミ)はもうガチ鉄板の美味さ。ネギの甘みに微かに香る魚介の風味。そうか、チヂミとはこういう食べものだったのだな…と独り納得してしまう旨さ。最高のチヂミ。メニューには、カキチヂミや魚チヂミもあり。
ネギチヂミ
こちらも定番のピビンバ。石焼ではありません。しっとりと甘く、辛く。さりげなく味を支えるのが、ナムル。こってり…ではなくて、落ち着いた味わい深さ。
ピビンバ
最後はグツグツと沸き立つ豆腐チゲ。この奥深き味ながら、シンプルなのは不思議。魚介の出汁が深みのポイント。魚の皮がぷりっとして旨い。豆腐ももちろん旨い。齧った唐辛子の辛味がスッと引いていく瞬間、口の中が喜びに変わる。旨い。なによりも、このチゲにご飯が付いてくる。わかってる。スープを吸った米の旨いこと旨いこと。旨いこと。
豆腐チゲ
至福の夜。満腹すぎて、冷麺を食べることは叶わず。歩いて駅まで戻るのも大層だったが…次回また大阪に遊びに来たらかならず。



スポンサーサイト
TAG :
大阪
ソウル家
韓国料理
search
new
category
archive
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。