スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




熟したトマトがあったのでパエリアに。

パエリアにハマっている。米好きだし。簡単だし。旨いし。チキンにピーマンにキノコにトマトとシンプル。もちろんタマネギも。ニンニクの風味を利かせる。スープの量と火加減が炊き上がりに影響するので、難しいといえば難しいのだが、若干柔らかめか、若干固めか、炊き上がりの微妙な違い。米2合にスープ500ml。20分間フライパンで蓋して中火~弱火+10分間の蒸らし。野菜からの水分の影響もあるので、もう少しスープは少なくてもよいかも。トマトは炒めるときから入れておくのと、蒸らしの時間に入れるのの2段構えで、彩りもよろしい。骨付きの肉や魚介系のほうがよりしっかり味が出そう。飽きない美味さ。
パエリア チキンとトマト





スポンサーサイト
TAG :
料理
パエリア

出張二日目 パエリアを思い出す。

あっという間に出張先での生活にも慣れて、すでに快適でこのままずっとここにいてもいい…なんて思い始めたわけで。とある研修施設に幽閉というか缶詰というか軟禁というか、ずっと部屋に篭っているのだが、個室にはテレビもなくインターネットにも接続できず、コンビニまでも遠く、しかも冷たい雨が降り続いている。こんな閉鎖的な状況。しかし選択肢がないといのも意外に楽なものだ。そんな東京の夜。そんな高尾の夜。岡本綺堂なぞ読みつつ過ごす。

ここでの食事は施設の食堂にてきっかりしっかり朝昼晩と三食いただいている。普段あまり間食するわけではないのだが、コンビニにも行けない(行こうと思えば行けるのだがその気にならない)状況にあると、朝昼晩の三食が妙に待ち遠しいというか楽しみで仕方がないのだ。お腹が空くとか空かないとかいうこととは別にして、食事が待ち遠しい…こんな感覚は初めてかもしれない。

何かに似ているなと思って考えたら、そうかこれは刑務所の感覚なのだと気づいた。これで生活全般の規範が厳しく、缶コーヒーやジュースにビールなど買う/飲む自由もなければ、三食に対する感覚はもっともっと鋭敏になっていくに違いない。花輪和一が描いた刑務所の生活のリアルに一歩、というか半歩だけ近づけた気がした。

食堂の食事には満足はしないまでも、劇的に不味いわけではないので助かったと思ったが、やはりもっと美味しいものが食べたいという気持ちは強い。旅立つ前にハマって連続して作り続けたパエリアを思い出す。シンプルにイカとトマトのパエリア。

パエリア イカとトマトのパエリア

トマトの投入がちょっと早すぎて色が悪いのが玉に瑕。ふかふかした米が旨し。


餡子の蝶が飛ぶほどには覚醒せず。



TAG :
パエリア
料理
search
new
category
archive
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。