スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




LA YUUKI ラ ユウキ LA遊季にてメキシコ料理。

獅子舞の興奮から一段落し、祭りの喧騒を抜けて、荒町方面へ向かう。雑居ビルの半地下にあるLA YUUKI ラ ユウキ LA遊季に到着。カウンターとテーブルが少し。ここはメキシコ料理を食べさせてくれるお店。

まずはサルサソースとチップス。これをつまみながら、ビールを流し込む。辛いサルサがなんとも喉を刺激して、ビールを旨くする。
LA YUUKI ラ ユウキ LA遊季 サルサソースとチップス

続いてチリビーンズ。それほど辛くはないが、豆の旨味がたまらない一品。
LA YUUKI ラ ユウキ LA遊季 チリビーンズ

トルティーヤは、さきほどのチリビーンズをのっけて食べたり、そのまま食べたり、サルサソースをつけてみたり。
LA YUUKI ラ ユウキ LA遊季 トルティーヤ

こちらはタコス。チョリソーとスクランブルエッグのタコスだ。緑色したものはアボガドのディップ。奥のグレーのペーストは豆を磨り潰したもの。そのまま食べるとほんのり豆の甘味を感じる。さてタコス。くるっと巻いて、かぶりつくのだが、これが旨いのなんのって。サラダっぽい感覚で、さっぱりといただける。生地も小さく感じるが、意外とボリュームがあってお腹にたまる感じ。
LA YUUKI ラ ユウキ LA遊季 チョリソーと卵のタコス

ご飯ものということで、メキシカンライス。
LA YUUKI ラ ユウキ LA遊季 メキシカンライス

そして食べたかったのがこれ。鶏肉のモーレソースだ。モーレソースは、燻製にした唐辛子やタマネギにニンニクにアーモンドにゴマにいろいろ加えたソース。最大の特徴はやはりチョコレートを入れていること。もちろん甘くはない。ソースを口に含むと、チョコレートのほのかな苦味が口に広がる。ナッツ系の油分と複雑な味と香りが舌の上で広がる。濃厚。濃厚。
LA YUUKI ラ ユウキ LA遊季 鶏のモーレソース(チョコレートソース)

気さくな店主とメキシコ料理についていろいろとお喋り。ハバネロを見せていただく。まじまじと眺めていると、ちょっと食べてみますか?と小さく小さくカットして出してくれた。3mm角程度を口に放り込んで噛み締めてみる。ふーん、暴君ハバネロなんていうけど、ピーマンだなと思ったのが甘かった。いやけっして甘くはない、しばらくすると猛烈な刺激が口に広がるのだ。暴れ出す。しつこくあとに引く辛さではない。ぱっと広がって燃える感じ。気持ち痛い辛さ。癖になる。

富山でメキシコ料理を食べることができる数少ないお店のひとつ。夏にはパーっと辛さで燃えたい。





スポンサーサイト
TAG :
LAYUUK
メキシコ料理
search
new
category
archive
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。