スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ラーメン万里で土佐丸をいただく。

冷たい雨の降る日。ちょっとおでかけしてて、ついでに珈琲でも飲んでいこうかなんて思ってて、そうだ松川沿いのあそこへ行こうと考えていた。がしかし、予定通りには行かないのが世の常。なんとなく小腹がすいてきて、あれこれは珈琲じゃないなと。ラーメンだと。胃袋がすべての行動を決めるのだ。

ラーメン万里へ。なんと以前食べることができなかった限定の土佐丸があるではないか。幸運。そして土佐丸がやってきた。土佐丸とは、かつお節を使うから土佐、海苔を一枚丸ごと使うから丸。で、土佐丸という。ラーメンにかつお節と海苔をトッピングしたものだ。海苔の中央に十字の切り込みがいれてあるので、そこから食べるのが流儀。
ラーメン万里 土佐丸その1

切れ目から麺をひっぱりあげる。かつお節が顔をのぞかせる。スープをひとくち。かつお節がスープに強烈な香りをつけている。うまい。自家製麺はあいかわらずの強さでスープに負けず劣らず。太くちぢれた麺。麺を食べる楽しみがあるのは、ここだけ。スープに浸されて、やらかくなった海苔の旨いこと。香りが立ち上がり、海の香りが口に広がる。しかし、かつお節というのは、こんなにも香るものなのか。味が出るものなのか。驚いた。スープを飲み干す旨さ。
ラーメン万里 土佐丸その2

会計のとき、ようやく万里の店主に挨拶できた。レジでしばし雑談。もうすぐ山菜の季節だなと改めて思う。いただいた紫蘇のふりかけが楽しみでならない。ご飯はもちろんパスタにも。



スポンサーサイト
TAG :
ラーメン
万里

東々亭にて牛もつ味噌ラーメンを食す。

街まで散歩。紀伊国屋でイロイロと見たいものを見て、キッチン用品もチェックしつつ。お昼のタイミングで出てきたものだから、お腹ぺこぺこ。でも大和で食事する気にもならず、もうちょっと軽く食べたいのだけどと思いつつフラフラ。ジンジャーラーメンにでも寄っていくかと帰路をゆくが、すでにランチタイム終了。残念。

うちでなんか作るか…と諦めていたら、そういえばラーメン屋が近くに一軒あったのだ。東々亭。店の前は何度も通っていたが、一度も入ったことはなかった。店の親父らしき人物がいつもウロウロしているのは見ていたのだが。めぐり合わせ。営業中の文字をみて、どんな店だろうとドキドキしつつ入店。

想像ではこんな時間に誰もいないだろうと思っていたが、ほぼ満席。人気。ちょっとうれしくなる。メニューもラーメンぐらいしかないのかと思いきや、ご飯ものも豊富。定食屋っぽい。古いがアンティークではなくて、でも小ぎれいで好感が持てる店内。店の名物になっている牛もつ味噌ラーメンを注文。

牛もつ。少し臭みがあったり、噛むのに苦労したり…なんてことを想像していた。実際は、臭みはほとんど感じず、とろとろでほろほろの柔らかさ。旨い。おすすめの味噌もよい。辛すぎず、甘味が強い。好きな味。普通盛りだが、かなりのボリュームだ。あたたまる。はふはふして食う。セットでカレーや丼ものをつけることもできるみたい。がっつり食べたい日に試してみたい。

東々亭 牛もつ味噌ラーメン





TAG :
ラーメン
東々亭

自家製麺になったラーメン万里へ。

自家製麺となったラーメン万里へ。気になっていた自家製麺。昨日リニューアルオープンしたと聞いて、本日駆けつけた。ラーメンとライスを注文。麺のインパクトは大。太い縮れ麺。正直、太い麺は苦手だったのだが…わかった。今までずっと不味い太い麺を食べていたから苦手だったのだ。この麺は麺を食べる楽しみがある。以前の麺も旨いと感じたが、この自家製麺は別格。

黒く濃く見えるスープ。はじめは醤油が強いかなと感じるが、飲みはじめるとあっさりと舌にのる。くどさは感じられず、スープを飲み干してしまった。旨い。麺と絡み最高だ。とろけたチャーシューもよい。たくさんの細かく切られたネギもよい。そしてご飯が何より旨い。米が旨い。褒めすぎかと思うなら、ここのお米食べてみな。

麺づくりに労力をさくためにメニューをシンプルにしたということだが、期間限定やミニ丼も食べたい!という欲求がより強くなった。

ラーメン万里 自家製麺のラーメン

ごはんの味方
http://oisiitoyama.blog96.fc2.com/



TAG :
ラーメン
万里

まるたかやのラーメンと骨。

大日岳から下山したあとで、念のため夜間救急へ。レントゲンを撮ってみると、同行者の肋骨は折れていた。肋骨の骨折は基本的に処置のしようがなく、骨がくっつくまで安静に放置するのだそうで。もちろん激しく折れて肺や内臓に刺さっている場合は切開する。激しい運動をしなければ日常生活に支障はない。骨折というインパクトにショック。そのあとで、かなり久しぶりのまるたかやのラーメンを頂く。母の実家が近かったので、ここのラーメンは子供の頃から食べている。ソウルフード。にんにくたっぷり、脂たっぷりのコテコテなとんこつラーメン…が、ひさびさに食べてみると、かなりすっきりした味わいに変わっていた。そう思ってしまうだけなのか、そんな気がするだけなのか、ソウルフードは脳内で肥大する。とんこつベース。連休なので明日も気にせず、ラーメンにニンニクを追加で投入し、脂かすも同じくたくさん投入する。人気のおでんと豚の串も頂く。


富山おでんにはとろろ昆布がかかっている。



TAG :
ラーメン
まるたかや

ラーメン 万里へゆく。

好日山荘に案外と長居してしまい、昼をまたいで空腹。ああラーメン食べてないなーということで、ラーメン万里へ。シンプルなメニューに好感。ラーメンと和風ラーメンを注文。実は「土佐丸」という期間限定メニューを期待して行ったのだが、平日または休日夜のみという。

残念と思いつつもシンプルなラーメンを頂く。太麺。黒いスープ。食べてみると塩くどく無い。いわゆる富山ブラックというくくりで見る必要なし。旨い。麺とスープの絡み。太い麺はあまり好きではないのだが、ここの麺は違う。モッチモチなのだ。これは旨い。

対する和風ラーメンはさっぱりした味。魚系のスープ。能登のいしる?やさしい味に細麺がちょうどいい具合。ちなみにここ万里は無添加ということ。ジャンキーな味も嫌いではないけれど、万里の作る旨さは間違いない味だ。期間限定モノやミニ丼も気になる。

ラーメンで充実。

万里 ラーメン

おいしい富山本舗 ラーメンの万里



TAG :
ラーメン
万里

ラーメン じゃん鬼

この店に来たのは2回目。白、黒、青のラーメンがある。スープは濃厚で味が強い。人によってはくどいかも…という強さ。特に白はとんこつベースで、ドロリとマッタリとしたスープ。コラーゲンたっぷりだそうで。そこに極細の麺が絡む。黒、青は太麺。これもちょっと硬めで嫌いではない。黒は魚介系とんこつ。青は野菜とんこつ醤油。なんだかよくわかりませんが、この3種はまったく違ったキャラクターなので3回は楽しめるかも。
夕食を作るのが面倒な仕事で遅くなった日というのは、ついつい店を適当に選んでしまいがちで、食べ終わって家路に着くまでの間に、ああそういえばアノ店に一度行きたかったのだった…と思ったりしますね。いつも。





TAG :
ラーメン

ドン・キホーテ~フレッシュ佐武~ラーメン楓かえで

とりあえず、ドンキに行ってブラブラしてチョコとかパスタを買って、フレッシュ佐武では野菜なんかを買って、帰り道にラーメン楓へ寄ってみた。
昼時は、いつもすごい行列がついているのを見ていました。行った時間が遅かったせいもあって、それでも少し待って入店。とんこつしおを注文。とんこつベースのスープ。麺は細麺。相当に細い。スープはまろやかでクリーミー。美味しいスープだが、ちと麺が弱い…というのはどうでもよくて。スタッフがキビキビとハキハキとしていて、キレイな気持ちのよいお店でした。おわり。





TAG :
フレッシュ佐武
ドン・キホーテ
ラーメン

ラーメン豚豚炉に行った。

野球の帰り道、遅い夕食。とりあえず食った。ショウガとかニンニクとか辛いタレ(というより練り状)を入れてお好みで調整できる。もう行かないかもしれないけど、豚豚炉と書いて、ととろと読みます。





TAG :
ラーメン
search
new
category
archive
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。