スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




伊勢の小路。

相変わらず昼食が不味くてゲンナリ。伊勢神宮のまわりは、いわゆる観光地でこれもゲンナリ。ふと小路に目を向けると、なかなか味わい深い。それもそうだ。伊勢神宮と一緒に生きてきた街なのだから。赤福も復活。江戸時代のお伊勢参り=お蔭参りを調べてみると、結構面白い。唐突だけど、真夜中の弥次さん喜多さん。ええじゃないか!
伊勢の小路
伊勢の小路

弥次喜多in DEEP (1) (ビームコミックス)弥次喜多in DEEP (1) (ビームコミックス)
(2000/06)
しりあがり 寿

商品詳細を見る




スポンサーサイト
TAG :
伊勢神宮

伊勢神宮 神の森へ

早朝から伊勢神宮へ向かう。山裾は靄がかかり幻想的…霧雨の神の森へ。この森は、伊勢神宮式年遷宮のために使われる木材を供給するために、育てられている森。宮域林。
式年遷宮とは、伊勢神宮が20年ごとに正殿など正宮・別宮の全ての社殿と鳥居を建て替えることを言う。調度品なども全て新しくするのだそうで。神秘性は、建て替えられることで起源がぼやけ、そこから立ち昇るのだ。もったいないと云うなかれ。旧殿の資材は全国の神社等の造営に再利用される。御下がり。
伊勢神宮 宮域林
伊勢神宮境内を歩く。巨木が立ち並ぶ風景は神の庭に相応しい。圧倒的だ。社殿をほとんど見ることができないのも良い。秘するところに、意味が生まれる。
伊勢神宮 境内




TAG :
伊勢神宮
search
new
category
archive
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。