スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ヤノベケンジ「MYTHOS ミュトス」展とLIVING ART IN OHYAMAへ。#2

ヤノベケンジの「大洪水」の興奮を引きずったまま、入善から富山へ戻って、LIVING ART IN OHYAMA リビングアートイン大山へ。自転車で横を通るたびに気になっていた、大庄地区コミュニティセンターが会場。

まずはぐるっと見てまわって、ちょっと小腹が空いたので、リビングアートカフェにて。まずは、トマトのスイーツ。ジェラートとトマトとシロップと。トマトは美味しかったのだが、シロップがちょっと甘くてあとに残る。
LIVING ART IN OHYAMA リビングアートイン大山 トマトのスイーツ

こちらはキャラメルのガレット。はじめ野菜のガレットを注文するも、すでに売り切れ。こちらはアイスクリームにキャラメルソースがかけられているガレット。ガレットがもっちりした食感。
LIVING ART IN OHYAMA リビングアートイン大山 キャラメルのガレット

会場には小泉誠氏がいたり、学生が子供たちと作業をしていたり、全体的に何をしてるのかわかりづらかったが、和気藹々とした楽しい雰囲気が伝わる。最後に、リビングアートゆかりのアーティストや学生にガラス作家たちの作品が並ぶフリマにて、木の小箱を購入。ヤノベケンジ~小泉誠へ、まったく異なる質のアートを楽しんだ一日。





スポンサーサイト
TAG :
リビングアートイン大山
小泉誠
search
new
category
archive
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。