スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




山王まつり さんのさん 獅子舞を見る。

富山市の中心部にある日枝神社。今日は神社の春季例大祭。つまりは山王まつり。この祭りのことを富山では、山王さん=さんのさんと親しみを込めて呼んでいる。普段はちょっと寂しい街の夜も、今晩は夜店が軒を連ねどこから来たのか人ひとヒトの海。そんな人ごみの流れに乗って、神社の境内までのろのろ歩く。

わらわらと溜まったヒトの輪の中で獅子舞。中島獅子舞保存会というところ。獅子舞か…と思って見はじめたが、これが意外と面白い。稚児の舞いと獅子の舞い。絶妙の間と激しい動き。獅子頭と稚児が錯綜し、笛の音と太鼓のリズムが妙に心を高揚させる。獅子舞ってこんなにアグレッシブなものだったのか。

この中島の獅子舞の獅子は、大人が5人ほど中に入って、胴の長さが10m近い。大きい。音楽にあわせて、稚児も獅子も踊るのだが、その足捌きを見ているだけでうっとりするほど美しい。

クライマックス手前。獅子が段々と高くなっていく。獅子頭の高さが3mを超えた。聴衆も盛り上がる。
山王まつり 中島の獅子舞

クライマックス。いつの間にやら稚児が獅子の背に乗っている。このままぐるりと聴衆のまわりを回って、退場していくのだ。
山王まつり 中島の獅子舞

そんな祭りの夜。






スポンサーサイト
TAG :
山王まつり
獅子舞
search
new
category
archive
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。