スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




干しイモLOVEの件。

昨日、干しイモを貰った。茨城産。100グラムあたり128円の品。(貰いモノの金額を書くのもイヤラシイのだが…)下手な鶏肉より高い。
さて、LOVEである。干しイモLOVEでなのだ。好きだ。愛している。固くて、かぴかぴしているのを、力いっぱい齧るのもイイ。しっとりとやわらかい甘い物体となった干しイモもイイ。もしくは、軽く炙ってやるのも、またイケル。ちょっと焦げて、青っぽい色が薄茶っぽくなって、ふつふつしてるのもイイ。なにせLOVE。
普段は干しイモを作ってる会社なんか気にもならないのだが、今回はなぜか目に留まった。カタカナでマルヒと書いてある。変な名前…とだけ思った。「はい!干しイモのマルヒです」とか云って電話に出るのだろうか?とか考えたり。まあそんなことはどうでもよくて、これが今日のニュースに繋がるとは、誰が予想しようか。
そう、茨城県ひたちなか市の大手干しイモ加工・販売会社「マルヒ」が、出荷先から返品された商品を、賞味期限を書き換えて再出荷していたというニュース。軽く聞き流す(また偽装かよ?)だろうニュースが耳の奥に突き刺さったのは、マルヒという聞き覚えのある言葉があったからだ。
丸秘?マル秘?まるひ?マルヒ!?とりあえず、炙って食ってみた。





スポンサーサイト
TAG :
干しイモ
search
new
category
archive
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。