スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




新築見学二軒。

友人宅が建築中。一軒目は、瓦屋根に焼き杉の外壁が渋い。中は太い梁と大黒柱がずしんと構える。日本人のDNAをくすぐり、なぜだか安心感と懐かしさを感じさせる。壁の塗装もほぼ仕上がり、あとは建具などが入ってきて完成!という段階。
二軒目は、まちなかの鉄骨造。本日、鉄骨を組立てはじめ。云わば上棟。寒い中、鉄骨に攀じ登り、細い柱の上で軽業師のように作業をする鳶の面々。ご苦労様というよりも、尊敬。
ついでに…と、近所でやっていた中古住宅のオープンハウスを冷やかす。RC造の3階建住宅。とある会社の社長宅だったそうで。家の中に枯山水があったりするのがなんとも。バブル期の質感の安っぽさが、今はすでに非常に哀れ。





スポンサーサイト
TAG :
建築

人生、神頼み。

友人が家を建てるという。その地鎮祭に行った。雨。強くなったり、弱くなったり。雨。地固まると申しまして…なんて挨拶などはない。神主は、そんなことを言わないのだ。神主が唱えるのは、祝詞だけである。
祝詞とは、つまりは神への伝言。地鎮祭の祝詞は、誰それが設計した家を、何処そこの会社が建て、だれ某がこの土地に住む…というわけで、よろしく頼みます。ということを云っている。人生において、神に頼むことは多い。
土地と道路の境界



TAG :
建築
search
new
category
archive
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。