スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




京都土産 林万昌堂の栗を頂く。

卵かけご飯がTKGなら、林万昌堂はつまりHMDだ。甘栗とチョコマロン抹茶を頂く。京都土産定番の甘栗は鉄板の美味さ。膨らんだ栗の腹に爪を立てて割り、サイドをぐっと押すとパカリと皮が割れる。無言で食べ続けてしまう種類の食べ物。飽きることないシンプルな甘味。

チョコマロン抹茶は、まずパッケージが可愛い。栗の形のクリヌキ!と思わせて、箱まで栗型。中身は真緑の抹茶チョコでコーティングされた栗。しかしこの栗、フリーズドライされた栗で落雁のようにカスカスというかスカスカというか…甘栗のような艶っぽさが無い。フリーズドライの栗に口の水分が奪われて、チョコの味もよくわからない。微妙。
林万昌堂 甘栗とチョコマロン抹茶
林万昌堂 チョコマロン抹茶
林万昌堂 チョコマロン抹茶
ちなみに醤油かけご飯は、SKG。



スポンサーサイト
TAG :
林万昌堂
search
new
category
archive
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。