スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




金剛堂山を諦めて、劔岳 点の記へ。

6:30起床。金剛堂山に行くつもり。ところが曇天。しかも朝に雨ふった模様。天気予報も晴れから曇りへ。午前中は降水確率も高め。先週の記憶がよぎる。利賀くんだりまで出かけて、霧に雨だったら。金剛堂山は風衝地帯で絶対に晴れた気持ちのよい日に歩きたいのだ。しかし何故に週末の天気はこうも悪いのだ。明日は山だし、大人しくしてようと思ってしまった土曜日の自分が恨めしい。自転車に乗ればよかった…とメソメソして天気以上にドンヨリする自分。

すぐに転換。そうかリアルで山に登れない日なら、室内で登山すればいいんだ。ということで、劔岳 点の記を見にゆくことに。公開はじめの日曜日ということで、映画館のオープンちょい前に到着も少し行列。また今日も行列か。この映画に来る人は老人多し。ほとんど還暦周辺over世代。並んだおかげで、なかなか良い席。映画の話をしていたらば、隣の席のオバサンがどーしてそんなに詳しいの?と聞いてくる。別に詳しくはないんだが…と思いながら、エキストラに出てたんですよと。

さて暗くなって、映画が始まろうというとき、スクリーン横に人影。なんと木村大作監督が立っているではありませんか!サプライズ。聞いてません。誰も知りません。監督の挨拶によると、昨日帰る予定だったが、予定を変更して今日も挨拶することにしたということ。さすが自家用車移動。予定は自由だ。あいかわらず監督の地声は通る。
木村大作監督による舞台挨拶 劔岳 点の記
映画は予想通りというか想定内というか、ドラマというよりも山、山、山。しかしそれでも山をもっと見ていたい。景色に自分も飲み込まれたいという思いになる。足りない。もっと山を…と思う。これだけの風景がもったいないくらに切り捨てられ、あっさりとカメラは流れ、物語が進む。とはいえ、ドラマはまったくといっていいほど盛り上がらない。話は進めども、音楽が荘厳に響き渡ろうとも、盛り上がらない。不思議に淡々としたまま、そのまま。演出なのか編集なのか、リズム感ももっさりしていてテンポが悪い。これは厳しい。

この映画の魅力は、宮崎あおいが異様に可愛く撮れてるのと、はやり山の美しさに尽きる。物語を抜いて、映像と音楽だけのほうが楽しめそう。ちなみに自分の姿はしっかりと確認。スクリーンに自分が映っているというのは、とても不思議な体験。それがたとえボケボケの背景だとしても。



スポンサーサイト
TAG :
映画
点の記

劔岳 点の記 木村大作監督を発見!

仕事で富山市内を運転していたらば、富山城の近くで「劔岳 点の記」とデカデカと書いた車と遭遇。これは「誰も行かなきゃ、俺が行く!!木村大作戦!!」で監督自らが全国行脚した車じゃないですか!監督の愛車プレマシーじゃないですか!助手席に監督の姿を発見!明日からの先行上映では舞台挨拶やトークショーもあるとか。本日すでに現地入りですか。しかも愛車で。驚き。驚き。
劔岳 点の記 木村大作監督の車



TAG :
映画
点の記

もうすぐ、劔岳 点の記 公開。

富山県だけ特別に一週間早く先行上映。ということで、今週末土曜日13日から公開。もうすぐ。あと少し。前売り券をしっかり購入。豪華なブックレットのおまけ付き。チラシやら北日本新聞の特別版やら割引券やら、もろもろを貰ってくる。
自らが出演した(エキストラですが)作品ということで映画を見るのは必然なのだが、撮影があったころは山に登ることを嗜みとはしていなかった。不思議なもので、映画に導かれたわけではないが、知らぬ間に山の魅力に惹かれていった。

物語というよりも、剣岳 劔岳のプレゼンテーションドキュメンタリーとして見てみたい。

劔岳 点の記



TAG :
映画
点の記

『劔岳 点の記』がついに!

映画『劔岳 点の記』は2009年6月20日から全国ロードショー。というわけで、一般公開に先がけて特別試写会が本日からスタート。この特別試写会、富山を皮切りに全国へ!ということで、なんと木村大作監督自らがフィルムを抱えて愛車を運転して全国行脚する!ということ。「誰も行かなきゃ、俺が行く!!木村大作戦!!」だそうで。公式サイトではメイキング映像なんかも見ることができて、否が応でも期待が高まる。その映像の美しさは、富山の山々の素晴らしさを十分に切り取って見せていたわけで、それだけで感動。エキストラ出演したころは、山に登るなんて楽しみも知らなかったわけだが、気がつけば山の虜になっているのも、何かの縁というか不思議。公開の6月までは、公式サイトを見て過ごせ!
映画『劔岳 点の記』公式サイト



TAG :
映画
点の記

劔岳 点の記の映画ロケに参加…といっても。

先週の水曜日の話。ワンシーンのみの撮影。エキストラも少なくて、第1次ロケもほぼ最終ということ。俳優さんたちもリラックスしていたのか、撮影終了後に、浅野忠信さんと握手&写真まで一緒に撮らせてもらいました。いつも自然体の彼はほんとに素敵です。

浅野忠信




TAG :
映画
点の記

本日も30度超&映画ロケつまりは浅野忠信。

暑い。
友人が映画ロケにエキストラで参加。室堂での撮影。劔岳 点の記です。
俳優は、前回同様で浅野忠信さんと香川照之さん。
松田龍平くんはいなかった模様。





TAG :
映画
点の記

映画撮影にて髪を切られる事件

映画ロケの現場にて、髪を切られてしまった。点の記、物語の時代背景は明治である。わたしの後ろ髪が多少長すぎたようだ。東映のメイクさん?にカミソリでシャリシャリと削り取られる後ろ髪。まあイイ記念だ…と思っていたら、「せっかくオシャレにしてるけど、ごめんね~」とモミアゲまで切られてしまった!これはちょっとショックだった。まあまた伸びるからいいけどね。
映画は過酷である。





TAG :
映画
点の記

劔岳 点の記

映画のロケに参加。
エキストラ。白装束を着て立山登山をする役…といか背景。立山曼荼羅の絵解きをお堂の中で聴く聴衆の役。早朝から午後まで。ロケ弁も頂きました。
目当ては、松田龍平くんでしたが…会えず。しかし、浅野忠信と香川照之には間近でご対面。香川さんは休憩中もよく喋り、浅野さんは淡々と頷きながら話を聞き、時々「ははは」とあの低く落ち着いた声で笑っていました。イメージどおりなお二人。しかしリアル浅野は(上手く説明できませんが)、人離れした魅力を持つ男でした。素敵。

http://www.toei.co.jp/annai/press/2007/070614.html



TAG :
映画
点の記
search
new
category
archive
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。