スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




香港酒家 富紀でランチ。

曇天の日曜日。雨が降りそうな空。袴腰山の山開きに行こうか?もしくは海まで自転車で行こうか?なんて思っていたけど、肌寒さと空の色を見て中止。街にてランチとした。以前から気になっていた香港酒家 富紀。ひさびさのしっかりとした中華。

当日に予約の電話を入れるも、すでに満席で予約できないから、来て待っていただければ…ということ。到着してみるとやはり満席。一組の待ちがあったが、10分ほど待ってから席に通された。対応してくれた女性の笑顔がナチュラルでいい感じ。麺セットと料理セットを注文。ほぼ同時に入店した高齢のご夫婦は夜のコースを注文…ランチタイムだが、厨房に聞いてきますと確認するウェイトレス。ランチタイムをピークを過ぎた時間だったからか、対応してくれた様子。

まずは炒飯。味はごくごく薄く上品で食べやすい。細かく刻まれた漬物がアクセントになっている。なんとおかわり自由。
香港酒家 富紀 ランチ 炒飯

メインとなる炒め物。海老もホタテも絶妙に火の通り具合だし、野菜も旨味が残っている。味をまとめるXO醤のソースが旨いのなんのって。ゴテゴテしすぎず、油っこくもなく、きれいな味付け。
香港酒家 富紀 ランチ 海老とホタテのXO醤炒め

続いて点心2種。海老の餃子とシュウマイ。ちなみにランチメニューの点心セットでは4種となる。
香港酒家 富紀 ランチ 点心2種

スープは卵白とカニ。とろみがなんとも旨い。粥のスープのような濃厚な甘みを感じる。
香港酒家 富紀 ランチ 卵白とカニのスープ

こちらは麺セットの坦々麺。胡麻のスープがこってりと濃厚で甘く重く、それでいてぴりりと辛い。白いけど辛い。細い麺がスープに絡んで旨いのだが、少々柔らかすぎるのか、麺のインパクトが弱い。もう少し豪快で粗野な感じの麺の方が好きだ。
香港酒家 富紀 ランチ 胡麻スープの坦々麺

デザートは定番の杏仁豆腐。おぼろ豆腐のようにくずれたぷるぷるふるふる状態。口に含むとクリームのように溶けて消える。爽やかな甘さがすっきりと料理の〆にいい具合。
香港酒家 富紀 ランチ 杏仁豆腐

ランチにはこれにサラダとお漬物がついてくる。満足。これだけのクオリティのランチを提供して、1,000円前後というお値段はコストパフォーマンスかなり高い。炒飯がおかわりできるというのも、男性も女性もカップルできて満足できるサービス…よく考えられている。サービスも気持ちよかったし、人気なのが頷ける。3日ごとにランチのメニューも変わるということ。リピートさせる、客の心をむんずと掴むこのサービス。ランチだけでなく、夜も気になる。まんまと乗せられて…おすすめ。





スポンサーサイト
TAG :
中華
香港酒家富紀
search
new
category
archive
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。