fc2ブログ

中央サイクリングロード 富山~大門

またまた富山大学裏からはじまる自転車道へ。天気予報はあまりよろしくなかったが、朝起きてみたらば、なかなかの好天。お昼前にようやく準備も整い出発。今回のルートは、中央サイクリングロードという愛称?もしくは富山庄川小矢部自転車道線という名前。いちおう県道370号線という名前も持っている。

城山・呉羽山の坂は相変わらずキツイ。途中まではよいのだが、最後の最後でバテテしまう。ヒルクライムレースなんてどんだけ。ギア比もMTBライクで軽かるなのに…弱脚。なんとか汗だくになって上りきって下り。路面が濡れて、しかも落ち葉もあってちょっと滑るのが怖い。前回はここらで雨がチラついて、ルートを外れたが、今回は自転車道をひた走る。車道から自転車道が分かれたところで、山の向こう側が一望できる。ここから急な下り。そして強制的な階段。自転車道なのに階段はどうかと思う。

呉羽の梨畑の横をまっすぐゆく自転車道。気持ちが良い。小さな梨がたくさん生っている。直線の道はとてもいいのだが、分断するように車道というか一般道があるので、その都度に止まれとまれ。渡るときも気を使うし、これなら海沿いの自転車道のほうが快適だ。とはいえ、田んぼの中をただ走るのもよい。写真はルートの途中に唐突に現れるプラットフォームというか駅というか。自転車道は廃線跡だとか、線路予定地だったとか聞いたが…田と住宅とプラットフォームの混在の違和感。
中央サイクリングロード 残された駅跡

そんなこんなで竹林を抜けて住宅街に入ったかと思ったら、車道に突き当たったところで、唐突に自転車道が消える。太閤山あたりは自転車道の案内がないのだが、下調べしていたのでルートはわかった。薬勝寺池公園へ右折して、道なりに進むとここでようやく自転車道の案内看板があらわれる。ここからは農道兼自転車道といった感じ。用水や田に沿って進む。西へ西へと進んできたが、ここで川の土手を北へ向かうことになる。知らない場所。空も少しどんよりしはじめる。

気が付けば大門サイクリングターミナル。いちおう中央サイクリングローはここまで。ここからは、大門庄川小矢部自転車道となる。庄川を南下。暑さでバテ気味。庄川~小矢部までゆく気もないので、南郷大橋でエスケープして帰路。結構走ったなと思ったらば、自転車道は20km、エスケープして20kmで、合計40kmと意外に短い。富山庄川小矢部自転車道は、総距離で50~60kmほどあるというから、1/3ほどだ。まだまだ。

関連記事
スポンサーサイト







TAG :
自転車
ポタリング

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

search
new
category
archive
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ