スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ハンドライトあれこれ#2

自転車への流用も考えたハンドライト選び。

ランタイムや性能、コストパフォーマンスも考えてのセレクトだが、サイズについて考えてみる。径はだいたいが3~4cmのものが多いので、電池によって長さが変わってくる。単2を使用したものや単3×3本になると、長さが20cmを超える。単3×2本や単4×3本になると15cm程度。自転車のハンドルバーに取り付けることを考えると、この5cmの差は大きい…はず。

●GENTOS スーパーファイアXX SF-132XX
単3×2本。80ルーメン。メイン10時間のランタイム。25%で40時間、点滅では22時間。サイズは16cm長で160g超。18°~45°のフォーカスコントロール。


●GENTOS スーパーファイアX SF-102X
単3×2本。45ルーメン。メイン22時間のランタイム。25%で48時間、点滅では66時間。サイズは16cm長で160g超。フォーカスコントロールは無し。


●GENTOS スーパーファイアXX SF-133XX
単4×3本。80ルーメン。メイン11時間のランタイム。25%で44時間、点滅では22時間。サイズは12cm長で140g超。15°~45°のフォーカスコントロール。


つづく。
関連記事
スポンサーサイト




TAG :
自転車
ハンドライト
山道具

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

search
new
category
archive
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。