スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




いまさら…自転車に乗りたい!クロスバイクを買いたい!人向け。#4

ギアやタイヤ、シフターなどの基本的なことについて触れてきたが、自転車のもっとも基本的な部分といえば、もちろんフレームだ。一般的な自転車フレームの形状はひし形をしておりダイヤモンドフレームとも呼ばれる。ハンドル部からサドル下までの股下にあるのが、トップチューブ。サドルからつながるシートチューブ。他にはダウンチューブにシートステイ、ヘッドチューブにチェーンステイがある。

フレームを構成する要素の名前はそのうち覚えるとして、フレームには様々な素材が使われる。クロスバイクの多くは、アルミだろう。この素材の特徴は軽量、堅牢、錆びにくく安価だ。欠点は衝撃を吸収しないので、乗り味が固いこと。また疲労強度の限界点がないので、負荷により金属疲労が進行するので、フレームの寿命が短いといわれている。ひとくちにアルミといっても、合金なので組み合わせる金属によって、その特性は変わってくる。クロスバイクの多くは、アルミフレームが使われている。

ロードバイクの主流はカーボンだ。圧倒的に軽量で、衝撃吸収性も高い。ただし高価。フロントフォークのみをカーボンとする自転車も増えている。高価といえば、チタンフレーム。チタンフレームといえば、Panasonic。マグネシウムフレームなんてのもある。

古くから自転車フレームの中心だったのが、鉄系フレーム。その代表格がクロモリだ。クロムモリブデン鋼。安価で、剛性が高く、振動吸収性も高い。寿命も長い。いいところばかりではない。錆びやすくて、重いという欠点もある。しかしながら、レースに使うのでなければ、普段使いの自転車にはクロモリはふさわしい。

機能的な長所以外にも、剛性が高いので、フレームを細くすることができる。この細いフレームが持つレトロな雰囲気が今、見直されているところだ。ピストやシングルの人気もあって、アルミ一辺倒に近かったクロスバイクにも、クロモリフレームのモデルがいくつか発売されている。クロモリフレームは今おすすめだ。


09 GIOS AMPIO ロード寄りコンポで700X25Cで細身のクロモリフレームが美しい。
関連記事
スポンサーサイト




TAG :
自転車
クロスバイク

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

search
new
category
archive
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。