スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




自転車で入善まで。

日曜日は雷雨と荒れる予報。それ以降も寒気が入り込んで冬型…とかいうこと。今日は晴れ。気温もそこそこで日差しが気持ちよい。乗れるときにガッツリ乗ろうということで、あてどもなく自転車でスタート。長袖ジャージにハーフパンツ。レッグサンガードで日焼け防止。首元はbuffで風除け。Wiggleで購入のインナーパンツも初使用。KONA Jake The Snakeにもずいぶんと慣れてきたので、走れるだけ、時間の許す限り走りたい。

buffのマルチファンクションバンダナは、首元の風除けには最適。しかしまあ30分もしないうちに、暑くなってはずしてしまうのだけど、これからの季節、走り始めの体温調節には大事なアイテム。レッグサンガードは相変わらず、ズリ落ちやすい。少々ストレス。鍛えて足がもう少し太くなればいいのか。インナーパンツは快適。結局、4時間ほどサドルに座り続けたが、痺れることもなく。さすがにお尻は痛くなったが、インナーが無いよりはずいぶんとマシ。レーパン嫌なら必須アイテム。

いつものように岩瀬まで北上し、そこから海岸線をひたすらに走る。今回はあまり海沿いにこだわらず、直線で走りやすい大きな道をゆくことにした。滑川の駅前あたりで方向を見失い、なんとかたどり着いた魚津の中心部では、駅伝大会?のために交通規制が行われていてずいぶんとペースダウン。なんやかんやと黒部に到着。

MARIN muirwoodsでは黒部まで来たことがあったが、その先は初。フラットバーでは手首にもずいぶんと負担があったが、今回はドロップハンドルなのでポジションを変えつつ走ることができるので、楽だ。生地地区の湧水地の看板に興味を惹かれつつも先へ先へ。富山県は市町村境に大きな川が流れていることが多い。その川を越える大きな橋を渡って入善へ。走り始めて2時間ほど。距離にして約45km。ここを折り返し地点とする。

富山~岩瀬~水橋~滑川~魚津~黒部~入善と自転車の小旅行。海沿いの道は特に目的地を定めずとも、海を見ながら潮風に吹かれながら、走ることができるだけで最高なので、ダラダラと好きなだけ自転車に乗ることができてよい。山頂という絶対的ゴールを目指す登山とはまた一味違う楽しみ。往復90km/4時間の自転車三昧。


関連記事
スポンサーサイト




TAG :
自転車

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

search
new
category
archive
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。