スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]の行方

1月1日。北日本新聞のウェブサイトがリニューアル。web+新聞=webun ウェブンということ。今はアクセスフリーですべての記事を閲覧できるが、2月からは朝刊購読者もしくは特別会員(北日本新聞を購読できない地域に住んでいる人のため、2,100円/月で特別会員に)専用のサイトとなる。基本的にクローズドなニュースサイトになるわけだが、全国・海外ニュースや一部の生活情報はアクセスフリーということ。

北日本新聞といえば、昨年12月28日付けで夕刊が休刊して、地元メディアの盟主もいよいよだなと思ったわけだが。当然の時代の流れで、ウェブサイトに注力せざるをえないわけ。それにしても有料会員制にするとは驚き。とても特別会員が増えるとは思えないし、ウェブのために朝刊を取ろうという人が増えるとも思わない。クローズドにすることで、広告収入も厳しくなるのでは?

しかしなにより、有料の地方ニュースサイトとして、この新しい取り組みは注目されているように思う。今後が気になるところ。

さてはて、新聞業界の苦戦は地方に限らず、日本全体でも、また世界的な流れなようで。今夜のクローズアップ現代をチラ見したのだが、どこもかしこも経営難。ニューヨーク・タイムズ紙もしかり。問題とされるのが、新聞社が消えることによってジャーナリズムの「空白」が生まれ、汚職や選挙違反が増加するのではないか?ということ。

気になったのは、新聞業界のビジネスモデルとして、アメリカは収入の多くを広告に依存しており、逆に日本では購読費が広告による収入より多いということ。テレビにしろ、新聞にしろ、マスメディアと呼ばれているもの全部はインターネットの発展によって、大きく変わろうとしている。変化はきっと面白いものを生み出すはず。消えるものも多いだろうが。

北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]
http://webun.jp/news
関連記事
スポンサーサイト




TAG :
新聞

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

6:4か7:3ぐらいで販売費が高いようです。
近年の広告収入の落ち込みというのも影響が大きいでしょう。
地方紙の存在意義ってのを考えると…

本も電子化の動きが加速してます~味気ないですね。

運営コストと広告収入がどうなるかですね。
日本は購読費のほうが高いとは驚きました。
昔から広告収入の方が高いと言われてましたからね。
無縁墓地など乗せようものなら、うん百万ですよ。
それはそうとネットが発達するのは良いけれど、すべてディスプレイの味気ない空虚な世界にならなければ良いのですが。
search
new
category
archive
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。