スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




大和跡に図書館ができる!?

富山の中心市街地に残された残骸。歴史的建造物にして、多くの富山県人の記憶を閉じ込めた箱。旧大和富山店。ついに再開発計画が具体的に動き出したようだ。平成22年度から市が補助金を予算化していて、新幹線開業に合わせた平成26年度末までにオープンさせるという。

その再開発の中身はというと、市立図書館の移転、富山第一銀行の本部機能の移転、そしてガラス美術館。

現在の市立図書館はずいぶんと古い建物で、これが新しくなるのはウレシイ限り。今よりもうちから近くなって、歩いて行くこともできるし、図書館好きにはたまらなく魅力的。街でどんな図書館になるのかわくわくする。銀行の移転は、穴埋め的なものなのかな。そして、ガラス美術館…これは要らない。市としては、ある意味で目玉的というか念願というか、そういう重要な施設なのだろうけど…

行政の切り札的な図書館だが、年間20万人超の集客能力をどう生かすか…楽しみでもあり怖くもある。


大和跡に図書館 富山市、再開発ビルに移転
http://webun.jp/news/A100/knpnews/20100128/9931

関連記事
スポンサーサイト




TAG :
図書館

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

利用者に周辺駐車場で使える1時間無料券を配る…とかですかね。

図書館についていえば、市内にたくさんの分室があるのでそこを利用しろ
って感じなのかな~
公共交通の利用も推進したいでしょうしね。

今日の北日本新聞にでかでかと載ってましたね。

個人的に気になるのは駐車場。
どうなるんだろう・・・。
search
new
category
archive
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。