スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




富山大空襲の日は、花火の日。

65年前の今日。富山がB-29爆撃機による空襲にあった。死者の数二千人以上、市街地の九割を焼失する被害を出した大空襲。当時、県庁の近くに住んでいた祖父母はこの空襲を体験している。特に昨年亡くなった祖母からは、何度もこの空襲の話を聞いた。B-29のエンジン音。焼夷弾の落ちてくる音。炎炎炎。幼い叔母を連れて逃げ惑う姿が目に浮かぶ。

最近になって小学校跡地の工事現場から、焼夷弾が発見されている。自衛隊の撤去作業中に白煙をあげて発火しており、戦争の爪痕は見えにくくなっただけで、現場にはもちろん多くの人の心にはまだ残っているはずだ。

今日の花火は、そんな富山大空襲で亡くなった人々への鎮魂と慰霊の儀式として、戦後すぐの昭和22年から開催されている。花火の音は、その爆発音は、あのときの空襲を思い出させないのだろうかといつも思う。だが、そんなPTSDを乗り越えて、この花火大会が続いていることに、人間の逞しさと力強さを感じてしまう。

ひさしぶりに浴衣を着て出かける。
富山花火大会 浴衣と帯

関連記事
スポンサーサイト




TAG :
花火

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

そういえば、この浴衣を仕立ててくれたのは、ばあちゃんでした。
浴衣美人になれたかな~

浴衣

涼しげな素敵な浴衣ですねー。
着姿も拝見したかったなー。(憧)
search
new
category
archive
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。