スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




【手塚治虫】日本発狂

不穏で煽るような魅力あるタイトルだが、内容とはあんまり関係しない。というか、発狂しない。

偶然に幽霊の行進を見てしまった主人公の少年イッチ。死後の世界へ行くことになった彼は、その世界で圧政に苦しむ人々=幽霊たちのレジスタンス活動に協力する。物語の後半では、死後の世界の人々=幽霊たちを導いて、死前の世界(つまりは今世)へやって来る。そして、生の世界の人々と死後の世界の人々=幽霊たちの共存生活がはじまるのだが…

本作品で、霊とは?魂とは?死後の世界とは?をストレートに描いている。ここで描かれる死後の世界は、死前の世界となんら変わらない。終わらない争い、そして戦争だ。また、死んだ人間も恋をしたり、再び死んだり…死後の世界の死は、存在の無である。

どこか軽くふざけた感じとシリアスが、物語の中では微妙に揺れる。プラスにもマイナスにも振れず、いい加減に作られた、妙な味わいを残す作品。物語の最後の最後、生きている人々との軋轢のため、追い出された死後の世界の人々=幽霊たちとイッチはどこへ行くのか?この行く先を知るためにも、読んでみるべし。

関連記事
スポンサーサイト




TAG :
手塚治虫
日本発狂

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

search
new
category
archive
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。