スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




小さな来訪者、再び。

「メロディーが聴こえたから…」とやってきたのは、今年の2月のことだった。本日、再び。ポタリングから帰り、いつものようにピアノに向かい、スタンダードブックをテキトーにぱらぱらやりながら、思いつくままに弾いていくといういつものやり方。ふと手を止めたとき、視線を感じた。玄関を見ると、少女が一人で立っているではないか。
玄関に歩み寄り、「どうしたの?」と声をかけると、「ピアノの音が聞こえたから…ピアノ弾いとったん?」と。「入ってピアノを聴く?弾く?」と誘うと、「うん!」とうれしそう。話を聞いてみると、近所に住んでおり、小学三年生で、友達の家に遊びに行く途中だとか。まだ手も小さくて、オクターブも届かない。それでもポロポロと鍵盤を叩く。「シってどこ?ドってどこ?」と聞いてきて、何かを弾こうとしているようだ。まあでも10分もしたら、飽きたようで「また来る!」と飛び出していった。こんなことが2度もあるのだね。

突然の小さな来訪者。

ザプロフェッショナル スタンダードジャズハンドブック /伊藤伸吾 編ザプロフェッショナル スタンダードジャズハンドブック /伊藤伸吾 編
(2006/07/19)
伊藤 伸吾

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト




TAG :
ピアノ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

search
new
category
archive
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。