スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今年最後のカシミール。

というわけで、大掃除の続き&お昼寝とせっかくの好天を無為に過ごした罰にカシミールへレッツラゴン。ディナー。年末だからか、客が少ない。静かで良いのだが、ふと4~5年前に初めて、この店カシミールに来た時のことを思い出した。
晩秋のとても寒い日。店員のお兄さんが一生懸命に石油ストーブの着火ボタンを押すが、着火せず。店の中は寒かった。お兄さんは困った笑顔を振りまく。ボクもそれを見て困った笑顔を返すだけ。寒くても良いよ、と思った。そんな寒い店でランチのカレーやナンを食べた。サラダをのせた皿が中華的な餃子の皿だったり。器のどれも100円ショップの品物以下だった。日本語も怪しくて、会計のときには、電卓を見せられた。数字も日本語で云えなかったのだ。それでも、この店の味の虜になった。懐かしい。
今ではお客さんの多くを日本人が占めるようになった。日本語も上達したし、店も暖かい。器もグレードアップしていった。そんなところは変わっても、味は相変わらずの絶品。こいつは変わってもらっちゃ困るのだ。で、今夜はまたまた電話でお願いしていたチキンビリヤニに、挽肉とジャガイモのカレー、オクラのカレー、チキンティッカ、ナンを頂く。

ただのプレハブ小屋。怪しい外観だが、恐れずに入ると、この中には至福が待っているのだ。
カシミール 夜の外観
ド定番のチキンビリヤニ。あらかじめ注文しておかないと料理に時間がかかる。スパイスの宝庫でカルダモンを丸ごと噛み潰すのが最高。シナモン 肉桂も丸ごと入っている。丸ごとといえば、骨付きのチキンの柔らかいこと。複雑な香りが舌を飽きさせない、そんな味。
チキンビリヤニ
オクラのカレーは夜に来るとついつい毎回注文してしまう鉄板の旨さ。ニンニクとタマネギの甘みとオクラのネバツルとした食感。ナンとピタリとくるこの味。そして、ジャガイモinキーマカレー。うーん、ジャガイモのホクホクでウマイこと!ターメリックの味が胃に染み渡る。
挽肉とジャガイモのカレーとオクラのカレー
関連記事
スポンサーサイト




TAG :
カシミール

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

ジュリー祭。
白井良明の曲もやってたですよ。

スパイスの効いた料理は飽きませんね。

再放送。あるのですね。

カシミール何ともダイナミックで絶対おいしそう。
search
new
category
archive
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。