スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




奥医王山~鳶岩に登る。#3

鳶岩登り。中盤からは勾配も多少緩くなり、足の置き場所も見えてきた。鎖はあくまでも補助程度にしながら、岩を掴んで登る。最後は鎖がなくなって、ようやく鳶岩のてっぺんに到着。頂上というよりも、てっぺんだ。あの突き出した岩の上まで登る人もいるのだが…ヤメ。
鳶岩 鳶岩のてっぺん
ここから左手にゆくと、鳶ヶ峰。頂上に男性が見える。この細い切り立った尾根。砂礫で足を滑らせたら、右斜面を転がり落ちるだろう。緊張…するよりも、ここを吹き抜ける風が気持ちよすぎる。ここで山菜を採りにきた夫婦をすれ違う。鳶岩を下りるのだろうか。
鳶岩 鳶ヶ峰への切り立った尾根道
尾根を抜けるとすぐに鳶ヶ峰の頂上。狭い頂上なのと、それほど空腹でもなかったので、一息つくだけで移動。はるか下に見える大沼とその周辺が箱庭の趣き。
鳶岩 鳶ヶ峰から大沼
下山開始。鳶ヶ峰から白兀山へ向かうルートから、途中の分岐で左手に。沢へ下りる。沢はさきほど登ってきた沢の合流地点の上流。沢沿いの道をゆくが、最後は沢の中も歩くので増水時は危険か。合流地点からは、堂辻までの登り返し。それほど辛いところもなくあっけなく到着。このルートは、バラエティに飛んで楽しいトレッキングができる。

医王山はまだまだ奥深い。大沼を周遊したり、白兀山やオージャラも気になるところ。
関連記事
スポンサーサイト




TAG :
登山
奥医王山
鳶岩

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

search
new
category
archive
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

other

recommend
楽天


amazon

tag
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。